九頭龍神社(くずりゅうじんじゃ)~芦ノ湖湖畔の縁結び・良縁の神様

箱根温泉宿 > 九頭龍神社(くずりゅうじんじゃ)~芦ノ湖湖畔の縁結び・良縁の神様

九頭龍神社(くずりゅうじんじゃ)~芦ノ湖湖畔の縁結び・良縁の神様

箱根神社の末社(分社)で、箱根神社境内に新宮があり、
本宮は箱根・湖尻のザ・プリンス箱根の横にあります。


九頭龍神社は、芦ノ湖の九頭龍伝説を伝える龍神信仰の聖地
神社の由来は、萬巻上人が湖中に石壇を築いて調伏の祈祷を行い、
芦ノ湖周辺で害を及ぼしていた毒龍を帰依させて、龍神とならしめたことに基づくそうで
龍神様と萬巻上人の祭場があります。


この伝説を祭る龍神湖水の神事祭りは、毎年6月13日ですが、
毎月13日にも、月次祭が行なわれています。


最近は、縁結びや恋愛成就にご利益があることで大変スポットを浴び、
毎月13日には多くの女性が訪れているそうです。
歩いていくのは大変なところなので、お参り専用のバスや
元箱根遊覧船乗り場から九頭龍神社本宮参拝のための遊覧船が
13日だけ運航されています。