箱根温泉の歴史

箱根温泉宿 > 箱根温泉の歴史

箱根温泉の歴史

箱根温泉の開湯は、738年(奈良時代、天平10年)。
釈浄定坊が発見し、『惣湯』と名づけられたこの源泉は、今も使われています。


その後、豊臣秀吉が小田原征伐のために箱根に長期に渡って陣を構え、
全国に箱根の名が知られるようになりました。
江戸時代になると、東海道沿いにある温泉として有名になり、
湯本、塔之沢、堂ヶ島、宮ノ下、底倉、木賀、芦之湯の温泉を合わせて「箱根七湯」
呼ばれていました。また時には、姥子温泉を入れて「箱根八湯」とも言われました。


「箱根七湯」のうち芦之湯温泉以外は、早川の渓流ぞいの温泉です。
徳川家に箱根の湯が献上されたこともたびたび。
江戸時代の温泉番付(全国の温泉を効能で番付けしたもの)を見ると、
芦之湯温泉が前頭上位となっています。(ちなみに大関は、草津温泉)


明治になってからは、保養地、観光地としての開発がすすみます。
1919年、箱根登山鉄道が山上の強羅まで開通。
宮ノ下温泉は、外国人のリゾート地としても有名でした。
また、強羅温泉は、昭和の初期から別荘地として開発され
その頃、小田急鉄道や西武電鉄が相次いで乗り入れ、
ますます交通の便がよくなって、関東でも有数の人気の温泉地となっていきます。


この頃から、明治時代以降に開かれた大平台、小涌谷、二ノ平、強羅、宮城野、
仙石原、湯ノ花沢、芦ノ湖、蛸川の9つの温泉を合わせて、「箱根十七湯」と称しています。また、早雲山、大涌谷、湖尻の3か所の温泉を加えて「箱根二十湯」と呼ぶこともあります。


この箱根温泉郷から湧いている湯は、1日2万5千トンで、湧出量としては全国第5位
そして泉質は、アルカリ性単純温泉から、食塩泉(ナトリウム-塩化物泉)、
石膏泉(カルシウム-硫酸泉)硫黄泉など、約20種類にも及びます。


関東に近い大温泉地・箱根温泉は、宿泊施設の数や宿泊利用する人数などで
今も、日本一
を誇っています。

脱毛方法