箱根湯本駅の出口・コインロッカー

箱根温泉宿 > 箱根湯本駅の出口・コインロッカー

箱根湯本駅の出口・コインロッカー

箱根湯本駅は、改札口が1つだけなので、割と分かりやすい駅です。根湯本駅を降りたら、まずコインロッカーを探したいもいるでしょう。コインロッカーは、4つあります

下の図ですが、赤い長いマルで囲まれたところが改札口。そして、4つのロッカーとは、

◆ホームの中(①)
◆2階(改札を出た階)切符売り場やインフォメーションの向こう側(②)
◆1階 エレベータ横(③)
旅館案内所の中(④)


箱根湯本の駅は、改札口は1つですが、出口は5か所あります。もちろん、行きたい温泉宿や観光スポットで、どの出口を使うかが変わってきます。5つの出口は、「正面口」「温泉街口(南)」「温泉街口(北)」「東口」「箱根方面バス口」。「正面」「温泉街口(南)」「温泉街口(北)」は、改札口を出たらまっすぐ前にすすみます。なので、②、③のロッカーが使いやすいですね。


バスに乗る人は、「箱根方面バス口」を出ます。なので、④のロッカーも使うことが可能です。ただ、もし④がいっぱいだったら、と考えると、②や③が空いていたら、そちらに入れるほうがいいかもしれません。また④の旅館案内所の中のロッカーは、利用時間が9:30から19:00となっています。営業時間内なのです。


いろいろ考えると、帰りも必ず小田急線の田急ロマンスカーや箱根登山鉄道使う人は、①のホーム内のロッカーをまずチェックしてみるのもいいかもしれません。また、切符売り場やお土産売り場はそんなに大きくないので、バスを利用する人でも、②、③のロッカーは全く遠くありません。


コインロッカーの料金ですが、普通の大きさのロッカーは300円、大きい方は600円です。できれば100円玉を用意しておくといいのですが、もし両替が必要なら、切符売り場のところで両替をしてくれます。コインロッカーは鍵をかける方式と、最新の暗証番号でロックする方式があります。


またコインロッカーがいっぱいだったときには、そして、「今日は箱根の宿に泊まるど、その前にいろいろ見て回りたいのでロッカーを利用したい」「今は、まだ午前中!j」というときには、駅の「キャリーサービス」を利用する方法があります。


キャリーサービスとは、宿泊する宿まで荷物を運んでくれるサービス。箱根湯本駅の構内で受け付けます。締切は12:30で、宿に同じ日の15:00以降、届けて渡してくれます。時間さえ合えば、ロッカーのように満員になることはありません。少し大きめでも900円、トランクサイズで1100円などとなっています。また逆に、帰るときに、宿から駅まで運ぶのを依頼することもできます。もしかしたら、荷物のせいでタクシーに乗るよりは安いかもしれませんよ。問合せは、0460-86-4140 =i営業時間 8:30~19:00)となっています。

脱毛方法